エンジニアリング

安全

研修

社会貢献

エンジニアリング

情報ネットワーク施工の技術力は世界一

技能五輪国際大会で世界一の技術力を証明

 日本の情報通信インフラ技術は世界一といっても過言ではありません。それを証明しているのが技能五輪国際大会での優秀な成績といえるでしょう。
 国際技能競技大会、通称、技能五輪国際大会は技能労働者の技能レベルを競う国際大会。2年に1度開かれます。情報ネットワーク施工種目は2005年(第38回 フィランド・ヘルシンキ大会)より新設され、当協会会員会社は初参加から見事、4連覇を果たしております。
 国際大会に出場するにはまず、全国大会で優勝する必要があります。これにより国内の技術力が高まるほか、参加資格が22歳以下であるため、若手技術者の養成や技術の伝承も図れます。

第41回優勝・森野選手、構内幹線配線の課題を施工中

第41回優勝・森野選手、構内幹線配線の
課題を施工中

第41回優勝・森野選手、喜びのガッツポーズ

第41回優勝・森野選手、喜びのガッツポーズ