エンジニアリング

安全

研修

社会貢献

エンジニアリング

設計技術を競うアクセスデザインコンテスト

 情報通信業界の環境が多様化しているなかで、情報通信ネットワークの設計・建設・保守・運用を一元的に提供できる技術力が求められていることから、設計技術の向上を図るとともに設計者の安全意識及び全国の通信建設会社間の情報共有を図ることを目的として、当協会では毎年「アクセスデザインコンテスト」を実施しています。
 各種設計条件に基づいて設計図面を作成する「設計競技」と、すでに実施設計された設計図面を基に適用工程を算定する「算定競技」の二つの競技を実施しました。課題の設定においては、安全確保に向けた施工指示、各種工法など低コストの設計、設計・施工の二度手間を回避できる同時工事の付加価値提案、不良設備の発見・解消提案など設計者の安全意識・課題発見・提案力を重視しています。
 競技者が作成した図面を元に設計の考え方等について設計プレゼーションを実施し、さまざまな工夫を凝らした設計方法や安全への配慮等について選手がコメントし合い、各社の設計ノウハウの共有につなげています。
 技術の進化に伴い毎年課題が変わる中、参加者は限られた時間内で課題の中から情報を読み取り、実力発揮に向けて真剣に取り組んでおり、会場内は緊張感に包まれます。

電柱切断機の開発

競技模様