エンジニアリング

安全

研修

社会貢献

研 修

ニーズへの対応と効果的な研修の実現

専門別分科会による研修ニーズの反映と効果向上

 東日本・西日本研修センタで実施される研修は、技術分野あるいは安全分野ごとに、会員各社の選抜メンバーから構成された専門別分科会が中心となって、各社のニーズや事業環境の変化に応じたコース新設、カリキュラム・テキストの見直し等を実施しています。この専門別分科会は年間を通じて研修効果を高めるための活動をしています。

最適なインストラクタ体制

 研修種別、内容は多岐に亘るとともに時代に応じて変化していることから、一つの研修コースであっても科目ごとに研修センタ所属インストラクタほか、会員各社よりエキスパートを招へいするなど、最適な授業となるようなインストラクタ体制を敷いています。
 また、IT系研修、マネジメント系研修などはノウハウを持つ外部講師も多用しています。

研修設備等の環境整備

 東日本・西日本研修センタでは、座学設備はもちろんのこと、体験を通じて気づきを得られる実習を重視した環境を整備しています。
 また、教材、成果測定、アンケート等のIT化も始めており、受講生の理解促進と研修業務の効率化の両立を図っています。

最新計測類を活用しての実習

「最新計測類を活用しての実習」受電・発電装置科

宅内実習設備外観

宅内実習設備(外観)

宅内実習設備内部

宅内実習設備(内部)

線路土木実習棟

線路・土木実習棟

研修生の宿泊施設

研修生の宿泊施設(左:東寮、右:南寮)